仕事服にも良いポロシャツ

ポロシャツを選ぶ時の注意

イベントのスタッフのユニフォームに、オリジナルポロシャツを採用するグループは多くあります。襟付きのポロシャツは、Tシャツよりも若干改まってきちんとした雰囲気があり、ビジネスの場でも違和感が少ない点がメリットです。また、ポロシャツの生地は通常のTシャツよりも通気性がよく、特に夏には威力を発揮します。オリジナルポロシャツの作成は、多くのTシャツ制作工房で別に実施しているところが多くあります。普段は気にもしないようなポロシャツの生地にも、種類や価格の幅があります。素材もコットンやポリエステルなど、特色やデメリットもそれぞれあります。価格にとらわれず、着る場や用途に合ったオリジナルポロシャツを選択することが重要です。

ポロシャツを選ぶ際の工夫

オリジナルポロシャツを売っている工房や企業は、ポロシャツの形や生地はあっても2、3種類ほどで、それほど選べるところは少なくなっています。しかし、たとえばビジネスの場でスタッフの服として作る場合は風合いや毛玉のつきにくさが求められ、体を動かす仕事服なら、動きやすさや伸縮性や速乾性、丈夫さに優れた生地が求められます。最も良くあるポロシャツの生地は鹿子編みと言い、伸縮性と速乾性、通気性に優れています。さらに現在はフライスやハニカムメッシュなど、非常に幅広い生地があり、それぞれに特色があります。オリジナルポロシャツをつくるなら、仕事の場や仕事内容にフィットするポロシャツの生地を選ぶことが重要な点です。